部活動

「起業家マインドとは?」 ~特進Sコースの特別授業~

2019-06-17

写真は、自動的にスライド表示されます
(ドラッグしてスライドも可)

 6月5日(水)LHRで、特進Sコース1年生を対象に、経営者の方に来ていただいての授業がスタートしました。

 特進Sコースでは、アントレプレナーシップ(起業家精神)を育むため、経営者の方に授業をしていただくプログラムを組んでおります。

 一般社団法人関西ニュービジネス協議会の副会長でもあり、八戸ノ里ドライビングスクールの代表取締役でもある谷岡樹氏に講師として来て頂き、第1回目の授業(全6回)が行われました。

 最初の授業ということで、自己紹介から始まったわけですが、「何かしら事業を起こしたい人いる?」という質問に9名もの生徒が手を挙げ、講師をビックリさせて始まりました。

 授業内容は、「16歳からの起業塾」というテーマで、「AIは今どうなっているのか?」「今後の社会はどうなるのか?」などを具体的な事例を挙げて伝えながら、過去の偉人の話を題材に「起業家マインドとは何か」という話に繋がるお話で、起業家マインドというのは特別な人が身につけるものではなく、ものごとをどう捉えるかという意識の問題であることが分かりました。

 生徒達は集中して聴いており、講師からの難しい問いかけにも多くの生徒が答え、講師の方にお褒めの言葉もいただきました。

お話された内容の一部を紹介いたします。 

 ・AIがSNSの情報からお薦めの本を教えてくれる
 ・AIが味を再現するシェフロボット
 ・深層学習(ディープラーニング)‥AIが自らルールを生み出す
 ・シンギュラリティ‥人間よりロボットが賢くなる(2040年~2045年頃)
 ・伊野忠敬が地図を作る→今ではGoogleEearth
 ・今までの「あたりまえ」が「あたりまえ」じゃなくなる
 ・どこでもドアが発明されたら、どんな仕事がなくなるか
 ・「起業家マインド」とは、「変化はチャンス!」と捉える(新しいモノ・サービスが生まれる)
 ・「起業家マインド」とは、自分を幸せにそして周りも幸せにする
 ・「なんで進学・就職するの?」=「起業家マインド」と同じ理由
 
関西ニュービジネス協議会とは?
 ・・・「16歳からの起業塾」というテーマで、大阪の高校を中心に多くの高校生に講演をされています。

 

第2回はこちら