部活動

実体験を通して分かったこと ~特進Sインターンシップ報告会~

2019-09-07

写真は、自動的にスライド表示されます
(ドラッグしてスライドも可)

 9月7日(土)、10社の企業のインターンシップに参加した1年生特進Sコースの生徒たちがその成果を発表する報告会を行いました。

 8月上旬の3日間〜10日間参加し、各企業で経営理念の話や職場見学、実習、発表などの体験をさせていただきました。このインターンシップに参加することにより、仕事で必要な知識やスキル、働くこととは何かを知り、何故勉強するのか、何故高校・大学に行くのかを改めて考え、高い意識と目標をもって高校生活を過ごしてほしいという思いがあります。

 生徒はグループで作成したスライドを使い、クイズや楽しいジェスチャーなども取り入れながらユーモア溢れる内容もあり、与えられた時間の中でプレゼンテーションを行いました。インターンシップで取り組んだテーマ、着目した点、インターンシップを通して分かったことやこれからの生活に活かしていきたいことなど、実際に体験しないと分からないようなことが多くあり、それらをプレゼンテーションという形式でまとめて発表し、生徒同士で互いに共有することでより社会についての理解を深めました。その内容のまとめの一部を紹介します。

「人と人との繋がりが大切であることを再認識しました」
「ディスカッションは意見を出すだけでなく、他人の意見をしっかりと聞いて理解し、それらを整理する能力が求められることが分かりました」
「あいさつはコミュニケーションの第一歩であると改めて実感しました」
「何故勉強するのか、高校生の間に何をすべきか、何のために働くのかが分かりました」
「何事もまずは知ることがスタートで、地道な努力の積み重ねが実を結ぶということが分かりました」
「積極的に発言し自分の考えを持つことが大事だと分かり、それを今後の学校生活で活かして生きたいと思います」

 この報告会でインターンシップを通して生徒一人ひとりが大きく成長したことを実感することができ、また生徒自身にとっても自分の将来や進路について真剣に考える良い機会となりました。ご協力くださった企業の皆様、本校生徒のために準備からきめ細かな指導までいろいろとご配慮いただき、誠にありがとうございました。

インターンシップを受け入れして頂いた企業(10社)

㈱日本旅行、JTB㈱、KCJ GROUP(キッザニア甲子園)、㈱クラフトワークス、茂久田商会㈱、グッドホールディングス㈱(㈱大協)、㈱神戸デジタル・ラボ、エー.ティー.エム㈱、社会福祉法人きらくえん、若者しごと倶楽部

㈱神戸デジタル・ラボのHPブログサイトにインターンシップの様子が掲載されております。